FXの概要と魅力について


FXは、MarginForeignExchangeTradingの略で、日本語に訳すと外国為替証拠金取引となります。
概要は、2国間の通貨を売買して差益を目的とした金融商品の取引となり、日本では1998年に外国為替法改正によってFX取引を提供する会社が誕生しました。

今話題のAll Aboutについての情報ならこのサイトです。

FXは、資金を証拠金として預け、レバレッジ効果によって最大25倍までの取引ができ、少ない資金で大きな取引が可能になりますが、レバレッジを大きくすると利益や損失も大きくなります。



また、2種類の通貨間の金利差によって生じる差額をスワップポイントと呼び、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うと金利差が生じるので、その分のスワップポイントを受け取る事ができ、この金利差は日々発生しているので毎日受け取る事が可能になりますが、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買うと、毎日スワップポイントを払う結果となります。


もし、FXで損失が出そうになった場合は、ロスカットやマージンコールというシステムによって強制決済などの処置が行われ、証拠金がマイナスになるのを防ぐようにしていますが、証拠金の大半を失う結果になりますので、証拠金の金額に余裕を持った取引を行うようにします。

FXの魅力は、取引手数料が安く、株と比べると為替の変動が少ないのでリスクが比較的少ない傾向にあり、世界の主要都市で取引が行われているので、時差を利用すれば24時間の取引ができるところです。