初心者向きのFXの通貨は?


FXではさまざまな通貨を取引することができますが、実は初心者向きのものとそうでないものがあります。


通貨によっては値動きに特徴があるため、それぞれの特性をしっかりと理解しておかなくてはならないからです。

日本人に最もメジャーなものがドル円でしょう。



世界で取引量の多い通貨1位は米ドル、2位がユーロ、3位が円です。



世界単位で見ると取引量が多いのはEUR/USD(ユーロドル)ですが、どちらも外貨であるユーロドルは日本人にとって見るとあまり馴染みがありません。

初心者がFXをする場合はドル円から入るのが最も感覚的に掴みやすいでしょう。

また、ドル円以外の円絡みの通貨ペアをクロス円と呼びます。

クロス円も円で計算することができるため、金銭感覚が掴みやすくなっています。

All About選びをサポートするサイトです。

ただしポンドのような価格の大きな通貨では、ボラティリティーが高くなっており、短期的に急上昇したり急落することも少なくありません。
ボラティリティーの高い通貨はロスカットを誘発する可能性も高くなりますので、注意しましょう。
FXでは世界から注文が集まりますが、取引量の多い通貨は安定し、取引量が少ない通貨は少し大きめの注文が入っただけで乱高下することがあるのです。
また、スワップ金利を狙って資源国通貨を取引する人も多くいます。
特にオーストラリアドル、ニュージーランドドルは金利の高い先進国の通貨として人気があります。

最近では南アフリカランドやトルコリラで金利を狙う人も少なくありません。